印刷

エコマイレッジチャレンジ全国大会

自動車部が第38回 Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2018 全国大会に出場しました


平成30年9月29日(土)に、栃木県芳賀郡茂木町にあるサーキット「ツインリンクもてぎ」で行われた、
「Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2018 全国大会」に、自動車部が出場しました。
参加11回目となる今年は、台風24号の影響により日曜日の開催が中止となり、
土曜日の練習走行が決勝レースとなりました。

田無工業高校自動車部からは3台が出走。
今年も、本校OB6人がサポートをしてくれました。
1台はタイムオーバーのためリタイヤとなってしまいましたが、
結果は、都立工業高校中で第4位と第7位の好成績を収めました。

自動車部顧問の伊藤先生から、大会の詳細についてレポートをいただきましたので、掲載します。

全国から高校クラス145台(うち都立高12校27台)が集結した。
田無工チームは、3台でのエントリーで臨んだ。
今年の全国大会は、台風24号の影響により日曜日の開催が中止となり、土曜日予定の練習走行が決勝レースとなった。
3月の時点では、部員2名という危機的な状況の中、新入部員も増え、4月からピット作業や走行練習等の訓練を積んできた。
今年の1年生は動きも良く、チームワークの良い部員たちに期待が高まった。
夏休み中には、新人ドライバーの育成やマシン改良を行い、作業は順調に進んだ。
しかし、9月に入ると雨天の日々が続き、テスト走行も思うように出来ないまま、全国大会を迎えることとなった。

例年、土日の2日間で行われる全国大会の1日目は練習走行の予定だったが、今年は台風の影響で当日いきなり決勝レースに変更となり、ぶっつけ本番のレースとなった。
幸い雨はパラつく程度だったが、急な予定変更に、どのチームもマシン調整に追われていたようだ。
田無工ではチームワークの良さで、3チームとも次々とマシンチェックと調整を進めていく。

レースが始まると、Aチーム、Cチームは順調に周回数を重ねた。
Aチーム2年生のドライバーは、昨年の経験を生かし、悪条件のなか自己燃費記録の更新を果たした。
Cチーム1年生のドライバーは、初めてとは思えないほど落ち着いた走行で、見事完走した。

Bチームはスタートからマシントラブルに見舞われ、コース上で修理しながらの走行となってしまった。
結果はタイムオーバーとなってしまったが、Bチーム3年生ドライバーの執念と強い精神力で、見事に規定周回の7周を走りきった。

練習走行なしでの決勝レースは、どのチームも苦戦を強いられた。
マシントラブルや出走すら出来ないチームが続出し、今年の完走率は全国で54%であった。
都立高校においては48%と過去最悪の完走率というなか、田無工チームは3台中2台の完走を果たし結果を残す事が出来た。
残念ながら1日間の開催となってしまったが、2日分の精神力と体力を使った充実した全国大会であった。
学校に戻る頃には、まだまだやりたかったと、元気を回復した部員たちがそこにいた。

【決勝レース結果】
Aチーム 完走541.471km/L(全国47位/145台 都立高4位/27台)
Bチーム 完走タイムオーバー381.656km/L(順位なし)
Cチーム 完走429.212km/L(全国55位/145台 都立高7位/27台)


部活動練習中ならびに大会参加中は、多方面からご声援をいただきました。
ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
〒188-0013 東京都西東京市向台町1-9-1
電話 : 042-464-2225 ファクシミリ : 042-467-5532
アクセス