印刷

令和2年度 2学期終業式

2学期 終業式が行われました

 令和2年12月25日(金)大掃除の後、2学期終業式が校内放送を利用して行われました。始業式同様に、各HR教室で、校長先生や教務部、生活指導部の先生からの話を聞きました。また、終業式に続いて、部活動や各種検定試験などの表彰を行いました。終業式後、2学期の成績表が担任より各生徒に手渡しされました。

【表彰】
*バスケットボール部 2020 ChallengeCup 準優勝
*第83回 計算技術検定
 機械科:1年A組(24名)・B組(19名)
 建築科:1年A組(14名)・B組(20名)
 都市工学科:1年A組(26名)
*令和元年度 後期技能検定試験 配管職種 建築配管作業(3級)成績優秀賞
*第39回 東日本建築教育研究会
「全国高校生建築製図コンクール」特別賞(3名)


 
     
 
     
 
     

 
 冬季休業は、新年を迎える節目にあたり、自らの将来を考え、目標を立てる絶好の機会です。一人ひとりがそれぞれの課題を発見し、目標を設定して計画的に過ごしましょう。新型コロナウイルスの感染予防に引き続き努めて、ぜひ、ステイホームの時間を有効活用して下さい。

 最後に、終業式での校長先生のお話をご紹介いたします。

 生徒の皆さん、おはようございます。
二学期の終業式を迎え、早くも年度の2/3が終わります。
新型コロナ感染症の影響で、思うように学習ができなかったことと思いますが、前向きな考えをもって、日々努力を重ねていってください。
 さて、東京都では、報道で伝えられているように、新型コロナ感染者が急増しています。本日も含め、これから年末、年始を迎えるにあたり、友達同士で楽しく過ごしたいという希望があると思いますが、少し考えてください。それは、自分の行動が感染を広げてしまうかもしれないということです。皆さんに改めてお願いすることは、感染しない、感染させないことです。手洗いやマスク着用、三密をさけるなどの行動はもちろんのこと、自分の行動を制限するなどの自粛行動をとってください。皆さんの努力で多くの人が救われます。一日も早く、平常の生活が送れるように願っています。
ここで、次のような言葉を紹介します。

知性を高める唯一の方法は、何事も決めつけないこと。
すなわち、あらゆる考えに対して心を広くすることである。

 この言葉は、知性を高める理想の方法であります。知性のみならず、人としての器や力量も、この柔軟性にまさるものはないのです。
 皆さんが、こうして柔軟性を取り入れたあらゆる考えに広く関心が持てれば、たいていのことは解決できるはずです。しかし、人間は、どうにもこだわる生き物です。このことへの解決策もまた、気長に柔軟性をもって対処すべきかと思います。
 皆さんの人生において、柔軟性をもって知性を養ってもらいたいと思います。

 

 
〒188-0013 東京都西東京市向台町1-9-1
電話 : 042-464-2225 ファクシミリ : 042-467-5532
アクセス