印刷

1学期終業式

1学期 終業式が行われました

 令和2年8月7日(金)、1学期終業式が校内放送を利用して行われました。始業式同様に、各HR教室で、校長先生や教務部、生活指導部の先生からの話を聞きました。また、終業式に続いて、初級CAD検定合格者(機械科6名)と中央工学校主催高校生対象コンペティション『音を感じる軽井沢の家』で佳作及び奨励賞を受賞した生徒(建築科4名)の表彰を行いました。
 
 
     
 

 
 新型コロナウイルス感染症の影響で、1学期は、自宅での課題学習がおよそ2か月続きました。6月上旬から分散登校をはじめ、6月末から時差登校で、ようやく全員そろっての学校での授業が再開しました。そのため、2週間余りの短い夏休みになってしまいますが、3年生は会社見学などそれぞれの進路に向けて、1,2年生は1学期を振り返り、2学期に向けての準備に、しっかりと取り組んでください。8月24日(月)は、9時25分までに登校し、その後、始業式を行います。夏休み中も健康管理に留意し、元気に新学期を迎えましょう。

 最後に、終業式での校長先生のお話をご紹介いたします。


 生徒の皆さん、おはようございます。
 新型コロナ感染症対応のため、皆さんには、大変ご迷惑をおかけしております。東京都では、報道にて知っているように未だに多くの感染者を出しています。皆さんには、感染しない、感染させないように手洗いやマスク着用、三密をさけるなどの行動を改めてお願いします。皆さんの努力で一日も早く、平常の学校生活が送れるように願っています。
 3年生は、就職や進学に向けての活動、1、2年生は、部活動や資格取得などで短い夏休みは終わってしまうと思います。何か自分で目標を定め、有意義な夏休みを過ごしてください。
ここで、次のような言葉を紹介します。

自分の心に固く決意すれば
目的はすでに半分達成されたも同然だ。

 第16代アメリカ合衆国大統領 リンカーンは、固く決意すれば、目的はすでに半ば達成されたも同然と言いました。なぜならば、達成するまで辞めないからです。
日本でも、パナソニック株式会社の創業者である松下幸之助や本田技研工業株式会社の創立者である本田宗一郎などの大実業家たちも「失敗することはない、成功するまでやめないからだ」と言っていました。
 つまり、自分はもうすでにやるんだと決意を固くした人は、「やめる」あるいは「修正する」といったことがない限り、実現していきます。
 それをやること、達成することで自分のやりたいことを達成する。そして、そのことが世の中の人を幸せにすることとわかっている以上、絶対に成し遂げていきます。
皆さんも強い決意のもと、この高校生活を実りあるものにしてください。


 
〒188-0013 東京都西東京市向台町1-9-1
電話 : 042-464-2225 ファクシミリ : 042-467-5532
アクセス