印刷

クレーン玉掛特別教育講習

1t未満 移動式クレーン・玉掛特別教育講習

 令和3年3月29日(月)~31日(水)の3日間に渡り、吊り下げ荷重1t未満の移動式クレーン(積載型トラッククレーン等)・玉掛特別教育講習が行われました。
 玉掛とは、ワイヤーロープ等の吊り具を用いて荷をクレーン等のフックに掛け、所定の位置に運搬する作業のことを指します。一見、誰でも簡単に出来そうですが、かなり高度な技術を要し、誤ると重大事故につながる、軽視してはいけない作業です。荷の吊り上げ作業の際には「移動式クレーン・玉掛特別教育」を修了していなければ取り扱うことができません。
 生徒は、講義でクレーンに関する知識や玉掛の方法、運転に必要な力学、関連法規等を学び、その後、実技講習を受けました。順番に、実際にクレーンを操作してトラックの荷台から荷の積み下ろし、積み上げの作業を行いました。参加者70名は、学科、実技の修了試験を受けました。合格すると認定証を手にすることが出来ます。結果は、後日、学校に郵送されてきます。
 安全第一で作業を行う意識を再確認し、新たな技能を習得することができた有意義な3日間となりました。
 講師の皆様、丁寧なご指導をありがとうございました。

 
     
 
     
 
     
 
     

 

 

 

〒188-0013 東京都西東京市向台町1-9-1
電話 : 042-464-2225 ファクシミリ : 042-467-5532
アクセス