茶道部

■茶道部

■活動日
 週一回(木曜日)に茶道の先生より指導を受けています。

■活動内容
 茶道の基本である帛紗捌きから風炉点前、炉点前、茶箱を使った点前と美しい所作を習得でき、道具の扱い等の理論も詳しく学ぶことができます。

■活動実績
 田無神社での七夕茶会や、初釜での本格的なお茶席に参加しています。

■部員数
 1年 1名 2年 5名 3年 2名 


その他
 成29年度に同好会から部に昇格しました!
 随時、部員募集中です。

 

■令和2年度 茶道部 活動報告
■葉蓋のお稽古をしました
 今年度は、新型コロナウイルスの影響で、7月からのお稽古となりました。襖や障子を換気のため、とりはらい、お道具を各個人専用とし、お茶碗等を熱湯消毒するなど、新型コロナウイルスの感染予防に工夫しながら、お稽古をしています。
 例年11月に行われる田無工祭(文化祭)も今年度は中止がすでに決定していて、とても残念なのですが、ご指導いただいている茶道の先生のお計らいで、文化祭のためのお稽古に割いていた時間を使い、季節に応じた様々なお点前を、教えていただけることになりました。夏休みが短縮されたため、8月にもお稽古があり、「葉蓋」を教えていただきました。
「葉蓋」とは、水差の蓋のかわりに、芋や青桐などの葉を蓋とします。芋の葉の上に露をためておき、涼を演出する暑い季節ならではのおもてなしです。

 
 
     
 

■令和元年度 茶道部 活動報告
■お許状の授与式(卒業茶会)が行われました
   令和2年1月16日(木)、お許状の授与式(卒業茶会)が行われました。3年生の部員は2名。ともにお許状をいただくことができました。そして、茶道の先生からは、それぞれにむけた言葉が記された短冊が贈られました。卒業後も茶道の心を大切に、充実した人生を送って欲しいと思います。

 
 
     
 


■茶箱のお稽古をしました
   令和元年12月12日(木)、19日(木)、茶箱「卯の花点前」のお稽古をしました。「卯の花点前」は、茶箱点前の一番シンプルなお点前です。小ぶりなお道具一式が納められた可愛らしい茶箱は、持ち運びが容易で、屋内外問わず、お茶を喫することが出来ます。田無工の茶道部は、お道具がとても充実しています。茶箱をはじめ、様々なお道具が揃っています。

 
 
     
 
     
 


■炉開きのお祝いをしました
 
令和元年11月14日(木)、炉開きのお祝いをしました。「亥の子餅」をいただき、その後、茶道の先生のお心づくしのお汁粉をみんなでいただきました。
 


■田無工祭(文化祭)、無事に終了しました
 
令和元年11月2日(土)、3日(日)、田無工祭(文化祭)が行われました。茶道部では、生徒による点前をお楽しみいただく「お茶席」と自分で点てたお茶をお召し上がりいただく「体験」の2つの催しを和室にて行いました。ご指導いただいている茶道の先生のご厚意で、今年度も和装でお点前をすることができました。「ハロウィン」をテーマに室礼や道具を整え、千代紙で折ったかぼちゃを飴と一緒にお渡ししたり、いつもお世話になっている和菓子店さんに特別に作っていただいた「かぼちゃのおまんじゅう」や「お化けの形の干菓子」でお客様をおもてなししました。また、今年3月に作った茶杓を床の間に並べ、ご覧いただきました。ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。
 
     
 
     
 


■西東京市市民文化祭にボランティアで参加しました
 
令和元年10月26日(土)、西東京市市民文化祭「茶道の部」にボランティアとして参加し、受付や誘導などのお手伝いをしました。お茶席にも参加させていただき、細やかな心配りやおもてなしの精神など大変勉強になりました。このような機会をいただき、心より感謝しています。またお声をかけていただけるよう、精進いたします。
 
     
 


■洗い茶巾のお稽古をしました
 令和元年7月11日(木)、普段のお稽古に加えて、「洗い茶巾」のお稽古をしました。
「洗い茶巾」は、茶室に涼をよぶ夏の点前です。水を張った平茶碗を用いて、点前の途中で茶巾を絞り、滴る水の音に涼を感じます。
 
 


■「茶あそび彩茶会 川越大会」に参加しました 

 令和元年年6月9日(日)、「第9回 茶あそび彩茶会 川越大会」に行きました。
「茶あそび 彩茶会」は、伝統文化をまちづくりに活用する目的で企画された新しい試みの茶会で、本格的なお茶席から、甲冑席やミステリー茶席などの面白名物茶席や、香道、手織体験など、さまざまなイベントが行われます。
  本校茶道部は、ご指導いただいている裏千家の嶋田宗恵先生、埼玉平成高校の茶道部様、独楽会様の三席に参加しました。同じ高校生の茶道部の立派なお点前や七夕をテーマに趣向を凝らしたお茶席に、非常に良い刺激を受けました。この経験を糧に、田無工祭(文化祭)向けてお稽古に励みたいと思います。
 
     
 

 
 
■平成30年度 茶道部 活動報告
■茶杓づくりを体験しました
 
平成30年3月18日(月)、本校都市工学科工業基礎実習室にて、茶杓づくりを体験しました。小刀の刃先に集中して、無言で竹を削ることに没頭し、作業開始から約2時間、それぞれの個性が表れた茶杓ができました。ご指導いただきました利久堂様、ありがとうございました。
 
         
   


■他校の茶道部の活動を見学に行きました  
 平成30年10月27日(土)、都立府中工業高校文化祭「第53回 府中工祭」に行きました。
 6月から外部のお茶席に参加してきましたが、本校と同じ都立の工業高校でのお茶席への参加は、大変良い経験となりました。
 府中工業高校の茶道部は、本校より部員が多く、日ごろのお稽古の様子がうかがえるような立派なお点前に、非常に刺激を受けました。
 また、茶道部の後は、工業4科の科展を見学しました。本校にはない電気科の展示や、それぞれの科による体験コーナーが沢山あり、大変興味深く見学することができました。
 
     
 
     
 
 

 

■「茶あそび彩茶会 川越大会」に参加しました 
 平成30年6月10日(日)、「第8回 茶あそび彩茶会 川越大会」に行きました。
  本校茶道部は、ご指導いただいている裏千家の嶋田宗恵先生、埼玉平成高校の茶道部様、静海苑様、の本格的な格調高いお茶席の三席に参加しました。外部のお茶会に参加するのは、初めての経験でしたが、緊張しながらも楽しむことが出来ました。とくに他校の茶道部の立派なお点前、趣向を凝らしたお茶席に、非常に良い刺激を受けました。この経験を糧に、田無工祭(文化祭)向けてお稽古に励みたいと思います。

 
 
     
 

 

  
■平成29年度 茶道部 活動報告
 
 平成30年2月8日(木)に、卒業茶会を行いました。
   3年生の部員は2名。ともに3年間茶道の稽古に励み、本日お許状をいただくことができました。
   授与式の後、1年生部員が3年生のために心をこめてお茶を点て、次に3年生が1年生に向けて、
高校生として最後のお点前を披露しました。

   卒業後は、それぞれの進路先で日本の伝統文化を学んだことを誇りに思い、「おもてなしの心」
を大切に、さらに活躍してくれることを願っています。

 
 
     
 

 
〒188-0013 東京都西東京市向台町1-9-1
電話 : 042-464-2225 ファクシミリ : 042-467-5532
アクセス